各種保険取扱
院長 相磯嘉孝
〒173-0014
東京都板橋区
大山東町 46-8
エスタディアビル2F
(板橋文化会館隣)
TEL 03-5248-2401



相磯嘉孝 院長


相磯 嘉孝 院長(日本糖尿病学会研修指導医)、佐藤 純一、
元日大教授 林 洋一
看護師 5人、管理栄養士 4人、臨床検査技師 1人、医療事務 2人、
糖尿病友の会(豊島かとれあ会)の職員 1人。



糖尿病の専門クリニック。患者さんとの『絆』を重視した医院づくりをめざしています。管理栄養士によるきめ細かい食事指導、専門看護師の生活指導をもとに、必要に応じて経口糖尿病薬、インスリン療法の導入・指導を行っています。教育入院や急性・慢性合併症の精査・治療は、近隣の医療機関(東京都健康長寿医療センター、東京都保健医療公社 豊島病院、日大板橋病院 等)と連携を密にしています。なお、希望される方には糖尿病の治験も行っています。


現在、1日40〜70名 約1000名の糖尿病患者さんの管理をしています。診療時間を長く、待ち時間を短くがモットーで、待ち時間には管理栄養士がひとりひとり前日の食事内容の記載をチェックしアドバイスを行い、医師・看護師・臨床検査技師は検査や合併症などについて教育・指導をしています。
患者さん同士の繋がりや、医師とのコミニュケーションを深める目的で、糖尿病友の会「豊島かとれあ会」があり、糖尿病教室や歩く会などを定期的に行っています。

糖尿病は定期的な検査と生活習慣の遵守が他の疾患の早期発見にも繋がり
ますので、「一病息災」と考え、「元気で長寿」を目標にして頑張りましょう!



栄養相談室、血糖・HbA1cの測定器、頸動脈・腹部超音波検査、X線撮影検査、
電流知覚閾値測定、インスリン指導コーナー



やさしく相談にのってくれる
相磯院長

-相磯 嘉孝-

京都府立医科大学卒業後、
東京都立豊島病院内科勤務
1982年千葉大学医学部にて学位を取得。
1974年〜1993年
都立豊島病院内科医長 (糖尿病 担当)
1978年に糖尿病友の会
       「豊島かとれあ会」を結成。
       現在、会員数250名。
日本糖尿病学会認定医・研修指導医。
日本糖尿病学会功労評議員、
東京都糖尿病協会理事を勤める。

1993年より、医療法人社団 糖友会
糖尿病専門クリニック「あいそ内科」理事長
趣味
●音楽鑑賞
 (ハワイアン・大橋節夫)
●愛読書
(黒岩重吾 作品
当ホ−ムペ−ジの内容の無断転載を禁じます。
著作権は医療法人社団 糖友会 あいそ内科に所属します。